第16回ホメオパシーコングレス 学生ホメオパスとして症例発表!「子どもの罹る病氣〜」

自己治癒力を呼び覚まし
自然と共に唯一無二の美しい自分を生きよう!

ヨーガ療法 × メディカルレイキ × ホメオパシーの融合

ホリスティック療法サロン ハルです。

由井寅子氏によって
日本に本格的にホメオパシーが導入されて20年!
先日、11日・12日世田谷区民会館にて、
(2015年11月)
ホメオパシーの祭典

第16回
『ホメオパシーインナーチャイルド学術大会』

が開催されました。

2日間にわたり、インドからは『インド政府公式』にAYUSH省

ホメオパシー中央評議会のマンチャンダ長官をお迎えし
(↑これすごいことなんです><
っていっても伝わりにくか。。。。笑)
とらこ先生はもちろんのこと医師や弁護士、経験豊富な

ホメオパスによってホメオパシー療法による症例発表が行われました。

 

自然農に携わり、人生観、生き方が大きく変わった
女優杉田かおるさんもお話してくださいましたよ^^

 

今回なんと私も学生ホメオパスとしてはじめて

ポスター発表の機会をいただきました!

今回発表させていただいたテーマは

『とびひ状の皮膚湿疹が改善した女児と
長年抱えてたインナーチャイルドに気づき

自分と向き合った母親のケース』

学生ホメオパスとして初めて「ZENメソッド」を

意識してレメディー処方し改善へと導いたケースとなります。

※「ZENメソッド」とは、日本にホメオパシーをもたらした
由井寅子氏が
医原病の多い日本でハーネマンの書籍を再度読み解き
たくさんの難病を治癒へと導いた豊富な臨床から開発された
世界でも高い治癒率をあげるオリジナルホメオパシーメソッドです。
世界のホメオパスから注目を浴びています。

これまで大きな症状がでたことがなかった

女児に突発的に現れたとびひ状の皮膚湿疹と

母親が抱えていた実の母親への想い。

ワクチンの害出しと共に母親が自分自身の

本当の気持ちに向き合うことで女児の症状も

改善していったケースです。

レメディー摂取後①

レメディー摂取後②

(写真は一部です)

ホメオパシー的に
子どもが罹る「とびひ」など皮膚症状は、

父母の精子卵子を通して受け継がれた

抗生物質などお薬の体内蓄積の排泄

と言われています。
特に、屈曲部分に現れる掻きむしると血が出る皮膚症状は

予防接種(ワクチン)の体内蓄積の排泄と言われています。

なので、とびひなどの皮膚症状は

先祖代々受け継がれてきた老廃物を体外へ排毒するチャンスなのです(^_-)
健康な人でも排泄するのが難しいと言われている

「体内に蓄積された重金属や薬剤の影響」を排泄するのに、

ホメオパシーは素晴らしく作用していきます。
妊娠前の女性は特に重金属や薬害の影響を

少しでも排泄できるようデトックスをしていくことをお勧めいたします。

そして同時に心身の症状には、潜在意識が深く関係しています。

 

妊娠前からどんなお薬を使って、どう自分を扱い

どんな意識でどんな毎日を過ごしてきたかー

「あなたの生き方そのもの」が

あなた自身のこれからの健康状態と

これから生まれてくる赤ちゃんの健康や人生そのものに

大きな影響を与え続けていきます。
「妊娠前」から自分の感情を通して本当の気持ち、

これまでの人生に向き合い、カラダもココロも同時に

綺麗にすることをなによりお勧めします。

その方が自然な妊娠も出産も子育ても、

自分の人生も毎日が楽しくなると思います^^
<<クライエントのママからのご感想です>>
『広がる皮膚湿疹にホメオパシーどうなるか、、、

不安なところもあったけど…。
キタキタってもうあと少し!って嬉しい感覚もあったり、

不思議だけど、本当素晴らしいと思います。

薬に頼ることなく、子どものもつ自己治癒力で出し切れば治る!』
(体験談はここまで)
写真のように悪化に見える状態を見ると、

とても不安になりますね。
途中、家族の心配の声もあがり

「豊受クリニック」(世田谷区用賀)の高野医師に診ていただいたことは、

お母様や家族の安心感に繋がりました。

 

現代医学+ホメオパシーで

安心感の幅が広がりますのでどうしても不安になったら

統合医療に理解のある医師に診てもらいましょう。

 

お薬を使う使わないはそれからよく考えればいい。
どうなるんだろう~先の見えない不安と

自分や家族とのストレスを減らすためにも、

無理なくホメオパシーを進めていくためにも

私は、理解ある医師の受診を推奨しています。

 

本人もお母様も自己治癒力を信じて

取り組めてとても素晴らしかったと思います。

ケースを通して、
ZENメソッドは改めて素晴らしい!メソッドだと確信しました。

そして、なによりクライエントさんの

「自己治癒力」(自ら治る力)が素晴らしいのです。

レメディーが病氣を治すというより、

レメディーで自己治癒力のスイッチが入った

「あなたの内側にあるチカラがあなたを治していく」ということなんです。

 

心にせよ体にせよ症状は、

『あなたの生き方、考え方が間違っていますよ~

本来のあなたらしさに近づくために軌道修正していきましょう〜』というお知らせです。

卒業まであと、1年半。

私の人生振り返ってみて、未来を見据えて

今こうやって行動していることが不思議です。
それは、私が『意図』して行動しているからであることなのですが、
自分が思い描く世界がどんどん現実化していくことに驚いています。

この自然な感覚が私が本当に望んでいる生き方

なのだと理解できるようになってきました。

これからも、ホメオパシーの学びを深めながら、

自分らしくクライエントさまの自己治癒力を最大限に

発揮させるお手伝いをさせていただきたいと思います。

次の世代の子どもたちが健康で生まれ、

子どもらしく生きれますように!

ホメオパシーについて聞きたい!
症例いついてもっと聞きたい!
そんな方は、セルフケア講座(アカデミー)

個人セッション(健康相談)にお越しくださいね^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP