ホメオパシー専門校「卒業試験」が無事終わりました!

 

こんにちは。

これから命を産み育てる女性の
健康と命輝く幸せな生き方をサポートする

ホリスティック療法家 月山ハルです。

 

私が父と母のもとこの世界に産まれてきた日。

4年間通い、学んだ
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)
ホメオパス養成学校の卒業試験を無事受けることができました!
そして、この日は「一粒万倍日+大安」でもあったようです。

 

なんとも感慨深い1日でした。
宇宙的に最高なタイミングでテスト終了後
「最後の授業」を迎えることができました。

 

魂に響く寅子先生の講義の時間ー

 

この日、寅子先生の存在を通して神様から
『今世はこういきていくんだよ」と生きる教え(哲学)いただいて
次の世界に生まれ出ようと準備しているような♡
そんな神聖な内なる世界を味わっていました。

 

日本にホメオパシーをもたらし広げ
難病を高い治癒率で治癒へと導くホメオパス
由井寅子学長から最新のメソッドや治癒へのプロセスを学べる
本当に貴重なスクーリング。

 

世界に二つと無いホメオパシー専門校で学べて

本当によかった!っておもいます。

ホメオパシーを超えたホメオパシーの世界

 

身体・精神・魂の三位一体を癒すとは
こんなに深いものなのかと思い知らさせます。

 

『多くの病気はの発生は神因であった。
病気を否定することは神を否定すること。
本人の生き方・考え方を変えることなく
病気だけを治すことは神の真意を否定すること』

 

病気を抱える患者に関わる治療家として
信仰心を大切にし自分の命を生きていかなきゃと自分に誓いました。

 

自然療法は、今でこそ開かれはじめている療法ですが
少し前までは、魔女狩りの対象とされていましたから。
今でも弾圧は続いている事実はありますが。。。。。
いい時代ですね!
ひとりひとりの目覚めによって
自然療法が本当の意味で復活する時代が
近づいてきているのだと思います。

わたしは、薬害を知り世界は180度変わりました。
そこから求めて出逢い今にたどり着いたホメオパシーの世界。

心のどこかでいつも何かを求めてた。
何を求めているのか知りたくて
もっともっと自分と世界を深く広く感じて

本当の自分に出逢いたい。

2009年ごろに色んなことを調べ始めて
膨大な量の情報を一つ一つ整理しはじめて
「ホメオパス」になると心に決めて

8年の月日が流れてた。

2011年3月11日の東日本大震災・原発事故で
生き方は大きく変わりました。

 

『命には限りがある』

『自分や家族の健康を守れるのは自分だけ』

 

これから子どもを産み育てる女性のヘルスケアが根底から代わり

この世界に生まれてくる子どもたちが健康であること

わたしの魂が求めてる世界をホメオパスという生き方が
職業が可能性を広げてくれると確信してます。

 

このカレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシーには
人々を真の健康と豊かな社会に導くためのたくさんの可能性が詰まってました。

いつもわたしを信じて応援してくれる夫と家族に心から感謝いたします。

5月の認定試験が待ち遠しい!!!

すべての計らいに感謝いたします。

2017.2.19.Sun

 

The following two tabs change content below.

ホリスティック療法家 月山ハル

幸せなはずなのに、いつもどこか満たされない自分を感じてた20代、「自分らしく生きる」ことの自己探求を通してYOGAに出逢い実践を重ねるごとに自分の存在意義、存在価値を見出せるようなり闇は光に照らされた。見える世界は一変し自分の人生をどうしたいのか明確になり自分を生きることが楽しくなる。また家族が薬害の影響で自律神経&心身バランスが崩壊したことをきっかけにヘッドセラピー&レイキヒーリングを学び実践する。ヒーリングを続けることで症状が回復し、エネルギーヒーリングの可能性に気づく。後に出逢った愛犬の外耳炎がホメオパシーで治癒したこと、現代医学では治療が難しかった姪がホメオパシーを含む自然療法へ切り替えたことで白血病&脳腫瘍から生還した事実、3.11をきっかけにホメオパシー療法家へ。ホリスティックな自然療法を通して、唯一無二の自分を生きることの大切さに気づかされる。ホメオパシー・ヨーガ・レイキを融合した 「唯一無二の自分を生きるため」のホリスティックヘルスコンサルテーションで心身魂の三位一体の健康と自分らしい在り方・生き方、ライフスタイルのシフトを提案サポートを行う 。他、ホメオパシックYOGAセルフケア講座やホリスティックYOGAを主宰し、命を産み育てる世代へ薬に頼らない、自分を生きるスピリチュアルビューティーライフの実現のためのホリスティックなセルフケアの普及を行う。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP