【2019年】インフルエンザ大流行!!あなたはどう対応するの?そろそろ世界基準のヘルスケアへ

「内なる叡智と繋がり 
自己治癒力を呼び覚まし 自然とともに
唯一無二の美しい自分の命を生きよう♡」

心も体も魂も内側から健やかに美しく在りながらー
この世界に生まれてきた目的を思い出し、才能や魅力を表現して
望む豊かな人生を主体的に創造し続ける女性を応援する
未来創造型ホリスティック療法家/コーチ/コンサルタント 月山ハルです



TVをつければ・・・

「インフルエンザ」の話題で持ちきり


そんなに報道することなのでしょうか?

毎年毎年、、、、
今年はかなり過剰すぎる報道だなーと感じてます。


「インフルエンザは怖い!」

「やっぱりインフルエンザワクチンを打たないと!」


そう国民を洗脳しているようにしか

思え得ないほどの過熱報道。



はっきり申し上げて

報道の仕方が「異常」ですよ。



その異常さに

あなたは気づけていますかーーーーーーー?



過熱報道が数年続いている影響からか

インフルエンザの症状があれば必ず受診して検査を促し

抗ウィルス薬(タミフル、ゾフルーザ、リレンザ)など

処方が高まっていることでしょう。


何を選択してもそれは個人の責任に置いて自由ですが。


空気中にはたくさんの細菌やウィルスが浮遊してます。


たくさんの人と接していたら感染することは多々あるでしょう。



しかし、感染するしないは

個々の内側と外側の状態によって大きく異なります。



私たちは、学校教育でも家庭教育でも

症状に対して正しい知識を教えられず

大人になりました。



なので、毎日流れるTVや教育機関や会社などで

伝えられる情報がいち早く、耳に入ってくるので

鵜呑みにして考えることも調べることもしない人が

大半なのではないでしょうか。



毎年毎年、ほんとそろそろ本気で

知識つけて、未来の人生を見据えて

本当に心身ともに健やかになる方法を

実践して行きましょう♡



日本基準で症状に対応していると

あなたの健康、免疫は低下し続けます。


なぜなら、

「自己治癒力を発揮できない方法ばかり」

とっているからです。




世界基準は、入院するほどの重症でない限り

「検査も治療も必要ない」とされています。




高熱出ているのにわざわざ病院に行って

検査して診断をもらいにいく・・・



通常であれば寝てれば治るものなのに

この過剰な対応・・・



インフルエンザはいよいよ危険性が高いもの

として恐怖を煽り続けるー




そうすれば、恐怖心から

ワクチンは売れるし、薬は売れるし

毎年大きなお金は動いてますよ。。。。。



本当にインフルエンザって怖いの?

本当にワクチン予防できるの?

本当に解熱剤使っても大丈なの?



さぁ、目を覚ましましょう♡


症状がでた人がすることは一つ



ゆっくり家で休むこと」です。



症状は不快であっても

悪いものでもありませんし、

むしろ「あなたを守ってくれている」

正常な生体反応という認識は

忘れずに持っていましょう。



「休む」



それだけであなたは

健康のバランスを取り戻すことができます。


インフルエンザと言っても風邪の一種で

ちゃんと免疫が機能すれば放っておいても

自然に治るものです。


なぜなら、治るように体はいつも働くからです。



それがホメオスタシス(恒常性の維持)であり

全ての生き物に備わった生体システムです。




ミネラルを含む水分補給をしながら

ゆっくり休みましょう。






予防接種をしたしないに関わらず

インフルエンザに罹ったからといって

周囲に罪悪感を抱く必要も全くありません。



罹るのは、相手のせいではなく

「感染する側の心の状態、体の状態が

大きく影響している」からです。



日々どんなヘルスケアしてきましたか?

そして、今どんなヘルスケアしていますか?




インフルエンザも日本国民全員が

発症する訳ではないですよね。


罹る人、罹らない人は常にいます。



同じ人間なのに「何が違う」のでしょうか???



なので、常に自分の心も体もクリーンにして

感染しても免疫がしっかり働くように

体内環境を整えておくことです。


予防接種を打つことが最善の予防になる?
軽く済む?それ本当ですかー??



予防接種を打つことで

予防になる、軽く済む、周りに感染を防ぐ

と言われているようですが

それは本当なのでしょうか?



インフルエンザワクチン予防接種の効果については

こんな体験があります。



姪が白血病治療中だったとき

外泊をする機会ができ、主治医からは、

インフルエンザ感染予防として

「インフルエンザ予防接種を

ご家族全員受けてください」と言われました。



そして、妹も予防接種をしました。

(私は、丁重に断りましたが。)



ワクチンが感染症を防ぐ効果があるのならば、

「ワクチンを打った人はインフルエンザに罹らない」

はず、なのです。




しかしインフルエンザ予防接種後、

妹は見事にインフルエンザ発症!!

しかも「結構、重症・・・・」汗




「発症したという時点」で気づくはず。


この現象から明らかになったこと、


それは、、、、、


インフルエンザへの予防効果は一切ない

ということです。



それでも毎年毎年、

感染に対して最善の方法はワクチンですとしている・・・



どうして効果がないものを予防として

推奨し続けているの????


さぁ、頭を使ってよーく考えよう!!!




それでもあなたはまだ、

予防の最良の方法としてワクチンを選択しますか?



ワクチンを打ってないから周りに迷惑かけるとか

ワクチン打っていないと仕事ができないとか

ワクチン打ってないからうちの子どもが感染するとか

ワクチン打ったから感染しないとか



実際のところどうですか???



個々の認識のズレ(知識不足)によって

社会的(制度的)な問題や

圧力(人権問題)になっていることも

私たちは認識して行かないとなりません。




小さな些細なこと?なのかもしれない。


けれど、このことは

人類の真の健康、命の繁栄、存続に関わる

大きな問題なのです。



想像してほしいです。


これからの未来を。



「何が本当の感染予防なの?」

「あなたの体では予防接種を打つことで
何が起きているの?」

「本当にあなたを感染から
守ってくれているの?」



こんな記事も読んでみると

視点がグンっと広がるかもしれません^^


ワクチンを接種した人たちは感染後、
より大量のインフルエンザウイルスを
周囲に撒き散らすことが判明


毎年ニュースに上がる院内感染

「院内の全員がインフルエンザ予防接種したのに

全員がインフルエンザに感染した」という事例



つまり、、、、そういうことです。



さて、人類はどうインフルエンザウィルスと

付き合って行けばいいのでしょうか。


もちろん、すべては繋がっていますので

インフルエンザの対応だけに限ったことではありません。

インフルエンザワクチン打って
インフルエンザになるのはどうして?



インフルエンザワクチンを打って

症状がでることは、ワクチンに効果がない

ということの証明でもありますが


体は賢い!!!!!!


通常の感染経路ではなく

皮下注射によって直接血中(体の中)に入ってきた

ワクチンの劇物、毒物を解毒し

体内をキレイにしようと症状を出すのです。


インフルエンザ予防接種を打って症状がでた人は

自己治癒力がとても高いと思います。



一方、インフルエンザ予防接種を打ったのに

症状が出ないという人は、、、、



自己治癒力が低く体の中をキレイにする

力(エネルギー)がないかもしれません。。。


常に、体は命を危険に晒す病原体が

体の内側に入ってこないように


発熱したり

嘔吐したり

下痢したりして


あなたを生かそうと、しっかり仕事をしているのです。


インフルエンザに罹ったなら

逆によかったよね♡


あなたの体はよりキレイになって

未来の健康はさらに強固に繋がったのですから^^



そもそも症状は本当に悪いものなのでしょうか?

インフルエンザウィルスは本当に敵なのでしょうか?


かなり良心的な病院だと・・・


こんなことを伝えてくれていると思います♡


原則インフルエンザの検査は行いません。
原則、抗インフルエンザ薬は処方しません。
検査、投薬は医師が必要と判断した時のみ行います。
世界基準に沿った診療を行います。
このような案内が院内やHPに掲載がある

クリニックや病院は患者のためを思って

最善の提案をしてくれています。


当センターのクライエントさんも

何かあったら東京・用賀にある「豊受クリニック」さんを

選んだりして上手に症状と付き合っています。


豊受クリニックHPはこちら


過剰に薬を出したり

ワクチンを推奨したりしない むやみに薬を出さない

あなたとあなたの大切な人の健康をちゃーんと

考えて対応してくれる医師の元へいきましょう。


風邪やインフルエンザの対応は

将来の健康を見据えるならば、思っている以上に

大事なことです。


特に、これから子どもを産み育てるすべての人にとって。


妊娠前から正しい知識や対処法を知って

日常のヘルスケアとして実践していただきたいなー


と思います。

ホメオパシー的風邪・インフルエンザへの対処法


そろそろ本気で

日本基準から卒業し、世界基準のヘルスケアへ


症状が心配で何かしら対処したい方には、

副作用がなく、薬害の影響もない

ホメオパシーレメディーによる対策がおすすめです。


また、仕事を休めない人ほど、

ホメオパシーでの対策はおすすめです♡


★予防と回復プロトコル★ 


1年に1回予防や流行中にこのプログラムを行います。  
(もう流行真っ只中ですので来年の参考に)

夜 Inf. 200C (インフ) 
   +
Oscill. 200C (オスシロコチニューム)  

夜寝る前に、上記を3日間続けてみましょう♡    



★感染の広がりを防ぎ治癒へ導くために★ 

Inf. 200C (インフ)    

1〜2時間ごとに与える♡    


★インフルエンザの症状に合うレメディー★ 

・骨にしみる節々(四肢)の痛みと熱     
Eup-per. 200C (ユーパトリアム・パーフ)   
Bry. 30C  

・高熱、真っ赤な皮疹              
Bell. 30C  

・病後の虚弱                   
Gels. 30C              


Oscill. 200C (オスシロコチニューム)は
とってもおすすめです♡


脱水症状予防に水分補給は、
生きた水にミネラルたっぷりの自然塩を入れて
水分補給していきましょう。


特に妊娠前、妊娠中、子育て世代は、

薬をなるべく使いたくない・・・

と思う方がとても多いですね。

高齢者のケアにも最適です♡

賢くどんどんレメディーを利用しましょう。



家庭単位での、かかりつけの
ホメオパスがいると尚いいですね♡



最後までお読みいただきありがとうございました♡




この世界に「わたし」として
生まれ落ちてきた目的と使命を思い出し

才能や魅力や経験を自由に表現し
唯一無二の美しい命を通して

歓びに満ち溢れた豊かな人生を実現していけますよう
心より応援しています♡

内側から健やかで在りながら
「唯一無二の美しい自分を自由に生きる」
ヒントと最新情報を

メルマガ【Holistic Wealth】にて配信中です♡

【最新イベント/アカデミー情報】

❤︎【1Dayリトリート】
〜本当の自分と繋がり自分に還る内なる旅〜自由ヶ丘

2019年2月7日(木)10:30〜12:30 ⇒  https://resast.jp/events/317068
2019年2月28日(木)10:30〜12:30 ⇒  https://resast.jp/events/317069
2019年3月15日(金)10:30〜12:30 ⇒  https://resast.jp/events/317070
2019年3月28日(木)10:30〜12:30 ⇒  https://resast.jp/events/317071

❤︎歳を重ねるごとに美しく健やかに自分らしく  
心も体も満ちる豊かな人生を創造的に生きる女性のための  
HOLISTIC WEALTH YOGA【入門クラス】

2019年2月2日(土)10:30〜12:30 ⇒ https://resast.jp/events/312635
2019年2月9日(土)10:30〜12:30 ⇒ https://resast.jp/events/317051


自己治癒力を呼び覚まし 自然とともに
唯一無二の美しい自分で望む豊かな世界を創造する
ホリスティックヒーリングセンター「プラニック 」
HP:https://smart.reservestock.jp/reserve_form/3795
お問い合わせ:https://www.reservestock.jp/inquiry/4238

The following two tabs change content below.

ホリスティック療法家/コーチ/コンサルタント 月山ハル

「人はなぜ病気になるのか?」「なんのために自分はこの世界に生まれてきたのか」常に湧き上がるそんな大きな問いから自己存在意義とともにホリスティックを探求。ホメオパシー/ヨーガ療法/ラージャ・ヨーガ/瞑想/レイキヒーリング/免疫学/栄養学/コーチングなどホリスティックに学びを深め続け自らも実践し、コンサルテーションで臨床を重ねる。 命を産み育てる女性が唯一無二の自分と深く繋がり続け、自己を知り、生まれてきた使命に気づき、内側から健やかに美しく輝く豊かな人生を自由に意図的に歓びに満ちた創造できる生き方をサポートしている。

関連記事

  1. 【第19回】ホメオパシーコングレス(学術大会)でケース発表させていただ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。